■会長挨拶
■東洋大学吹奏楽研究部(現役学生たちのウェブサイトです)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

calendar

安藤先輩 逝く・・・

0

    洋吹会総会のご案内を送付してました。

     

    なかに「宛先不明」が20数通も返ってきた。

    仕事上の都合等で、転勤転居は致し方がありません。

     

     安藤忠亮先輩のご長男様から、御父上がお亡くなりになった・・と。

    学生時代に何度かお会いしました。

    全国大会に出場した時にも、名古屋の会場に駆けつけてくれました。

     

    お勉強が好きな安藤先輩は、4年以上も本学に留まり後輩をご指導なさいました(笑)。

    卒業後はヤマハの講師としてご活躍。

     

    ご冥福をお祈りします。

     

    そうそうこの写真は、先輩のお父上 芳亮さんがお書きになった「指揮法の基礎」という本です。

    金沢大學で教鞭を執られた名士です。

     この本は名著「指揮法教程」(齋藤秀雄著)が世に出る半年前に、同じ音楽の友社から出版されています。

     

    こういう話を、もっと聞きたかった。

    でも、もう聞けない・・・先輩さようなら。


    宇都宮のソウル・フード?(笑)。

    0

      富士宮市とかに多数、焼きそばの名品・名店はありますが、宇都宮市も負けてません。

       

      石田屋の焼きそばは、市内焼きそば店の老舗中の老舗・・・創業 半世紀以上です。

      私はサラリーマン時代を含め、45年も通ってます。

      最初から「肉野菜の特大」一本です。

       

      この店の最大の特徴は、秘伝のソース(ウスター系)を客がドバドバと掛ける(もちろん下味はついてますが)。

      周りを見ていると、恐る恐る掛けている人がいる・・・。

      ははーん、トーシロだな(笑)。


      新兵器ゲット・・・こういうモノが欲しかった。

      0

        まだ使いこなしてませんが、無限の可能性・・・がありそう。

        皆さんの秘蔵の音源が生まれ変わりますョ(笑)。

         

        音程そのままでテンポを変えることができ、そしてテンポそのままで音程も変えることができる。

         

        夢のような機械です。

         

        ただし、ミスったところはそのままですよ(笑)。

         

        カラオケ用にも使えるらしいです。

        MMO?

        Music Minus One

        オケをバックに、歌を楽器を・・・楽しみが広がりそうです。

         

         

         


        旧聞に属しますが・・・

        0

          〇ャバ〇ラでのすこぶる受けた話を・・・

          こういうトコロでは、自分の仕事の自慢話などをするのはヤボってことです。粋じゃないです。

           

          そこで私は考えました。

          好きな数字を思い浮かべてください・・・と。

          加減乗除しますョ、と。

          もうこの時点で、お姉さん方は私の思うがままに(笑)。

          その好きな数字に1をプラスしてください。

          そして2倍してください。

          さらに4をプラスしてね。

          さあ、今度は2で割ってください。

          ・・・もうお姉さんは計算に夢中です(笑)。

          ハイ、出た数字から思い浮かべた数字を引いてください。

                ・

                ・

                ・

          答えは「3」でしょう?

          もう、きゃあきゃあです。なんで?どうして?

          もうアナタはヒーローです。

           早速、今夜から・・・実践あるのみ。

           

          どう計算しても、どんな数字を入れても、必ず「3」になります(笑)。

           

           

          年、第九の演奏会後の出演者の慰労会で、これをやりました。

          おお受けでした。

           例の答「3」なので、・・・

          では、最後にそれに3を掛けてください。

          ・・・「さあ、今日、演奏した曲は?」

          もう嬌声、嬌声、嬌声でした。

           


          私のFBからの転載(笑)・・・一応、原文で。

          0

            もう、このような「事件」のおかげで宴席を10年も盛り上げる事ができました。少し話題が枯渇してきましたので、今シーズンは何かご披露しようかと・・・。

             FB仲間さんは「音楽好き」が多いので、別ジャンルの話を(笑)。

            一応、壮年ソフトボール仲間からは「音楽通」で通っております(笑)・・・すると試合中の多少のプレイも「お笑い」で済ますことができます。そのような出来事のお話です。

             

             終盤6回裏 点差1点の勝利目前の超緊迫でノーアウト2塁3塁の場面。

             

             私のポジションはセカンド・・・ヒット1本で逆転サヨナラ負け・・・もう来るな来るなと祈ってました。

            バッターは明らかに右狙いのスタンス。私が「アブラ虫」であると敵陣も分かってます。

             「うわー来た」・・・地を這うようなライナー・・・夢中でボールに飛びついた。

            神様降臨。捕球したら目の前にベースがあった。そのまま勢いでセカンド・ベースを踏む・・・これでツーアウト、安堵した。しかしこれでは終わらなかった。

             サードが手を挙げ、ボールを寄越せという仕草・・・ハハァ内野陣でボール廻しをする儀式(笑)かな・・・そうじゃなかったね。

            セカンド(私)がトンネルしたと思い、サードランナーはホームインしてた。そうか、サードに投げてトリプルプレイなんだ。

            そんなこととはつゆ知らず、サードへ大暴投・・・ベンチまでいくような。血相を変えて拾いに行くサード。

             

            こうしてレジェンド・トリプルプレイが生まれた(笑)

             

            慰労会・反省会の度に誰かが語る。称賛ではなく・・・「お笑い」のネタとして(笑)。

             

            私の名誉のために(笑)・・・我がチームのトリプルプレイは、未だにこれっきりです。

             

            以上、3年前のFB記事からです。


            | 1/61PAGES | >>